WAN-Sign(ワンサイン)

WAN-Sign(ワンサイン)の画像
GMOインターネットグループと共同開発した電子契約サービス。特許も取得

署名・締結が自由自在
あらゆる契約内容に適応

既存契約も一元管理
電子も書面契約も登録可能

高いセキュリティ基準
金融・医療機関にも強い

不正アクセス対策
機密データを保護

ワンサインは創業以来、官公庁・金融機関など厳しいセキュリティ基準での実績を通じて蓄積した文書管理ノウハウを持つ企業です。実績から作り上げたノウハウをもとに提供する電子契約・契約管理サービスは、電子認証局をグループ内に持つGMOインターネットグループと共同開発した電子署名法や電子帳簿保存法に対応しています。

この記事ではそんなワンサインが提供する電子契約サービスの魅力を見ていきましょう。

ワンサインの特徴①他社を圧倒する優れた魅力がワンサインにある

WAN-Sign(ワンサイン)の画像2ワンサインには、他社を圧倒する魅力が存在します。使いやすさとセキュリティ体制が評価されて、大手企業から金融機関まで、さまざまな業種の人が企業規模に問わず利用しています。

契約内容に合わせた締結ができる

電子証明書による厳格な実印版締結(当事者型)と、簡易なメールによる認印版締結(事業者型・立会人型)を組み合わせたハイブリット締結による自由な契約が可能です。社内、社外問わず契約に内容に合わせた締結ができたり、署名や締結が自由だったりという魅力があります。

電子契約書でも紙でも一元管理できる

システムで締結した電子契約や電子印鑑だけではなく、書面契約も登録できます。既存の台帳の移行可能で、既存の契約もワンサインで一元管理できるので、管理・検索機能でも漏れのない管理を実現できます。

ひとことコメント


内容に合わせた締結や署名が自由に行うことができるハイブリット締結は魅力のひとつだといえます。また電子契約書だけではなく、紙の契約書であっても一元管理が可能であるため、漏れのない管理を実現できるのも強みです。

そのため、さまざまな企業が導入している実績があるのでしょう。

ワンサインの特徴②セキュリティ対策はさまざまな認定と認証を受賞

WAN-Sign(ワンサイン)の画像3ワンサインはISO/IEC27001・ISO/IEC27017・ISO9001を取得しています。ワークフロー固定機能、フォルダによる閲覧制限やIPアドレス制限など、金融機関・医療機関が求めるセキュリティを備えた内部統制機能を標準搭載しているサービスなので安心です。

また、ASPICIoT・AI・クラウドアワードで支援事業系分野準グランプリ、七十七銀行等主催の東北地区最終選考で協賛企業賞を受賞しています。ワンサインの管理画面上から書面契約の保管依頼と電子化依頼も可能で、保管センターと連動する仕組みに関する特許の取得もしています。

ほかにもさまざまな外部認定を取得しているので、セキュリティに関しては間違いなく、他社よりも優れています。

データ改ざんのリスクがある電子契約だからこそさまざまなセキュリティ対策を実施

世界的に評価の高い、GMOグローバルサインの電子証明書を利用した電子署名であるため誰が何を締結したのか証明できます。そして、各種法令に対応しているセイコーソリューションズ社の認定タイムスタンプによっていつ、何を締結したのかも証明できます。

ほかにも、Adobeの認定ルート証明書を採用しているので、電子証明書の有効性を検証することも可能です。さらに、暗号化によって機密性を保持したり、WAFやファイアウォールを設置したりして、不正アクセス対策も実施しています。

定期的に脆弱性診断を実施して不正な侵入対策するだけではなく、セキュリティ選任チームを設置して情報管理を徹底しています。

データセンター保全体制

都心や沿岸から60キロ以上離れた地理的リスクを排除した立地にデータセンターを構えています。高度なセキュリティ対策と、災害対策を施した自社所有の国産データセンターでサービスを運営し、データ保全体制を構築しています。

さらに自社の運用要員や監視体制、監視機器の情報把握や管理から、施設の設備や機器の運用状況も把握して管理しているので、サービスの品質が常に高いです。

バックアップ体制も充実

DisktoDiskと呼ばれる、ハードディスクの記録内容を別のハードディスクに複製する技術を採用したり、関東と関西でのオンラインバックアップを実施したりしているので、データ紛失のリスクがありません。

また、日次でバックアップを取り、国内2か所のデータセンターで厳重に保管しています。

ひとことコメント


金融機関や医療機関並みのセキュリティが実現できるため、ワンサインは安心した電子契約となるでしょう。また賞なども受賞しており、公にも認められているサービスだといえます。

データ改ざんリスクを最低限にとどめ、不正アクセス対策も実施し、データセンター保全体制が整えられていること、バックアップ体制もしっかりしていることからもデータ紛失がなく、セキュリティ面に非常に力を入れていることがわかります。

ワンサインの特徴③用途で使い分けができる2種類の判子を提供

WAN-Sign(ワンサイン)の画像4ワンサインは2種類の判子を実装。当事者型署名と、立会人型・事業者署名型署名の両方が使えます。

2種類の署名方式を標準で搭載しているので、契約書以外にも取締役員会議議事録や雇用契約書、受発注書などの押印レベルの書類・文書に対しても使い分けが可能です。

当事者型は高い証拠力を誇る

当事者型は、電子署名法や電子帳簿保存法に対応しているため、証拠力が強力です。また、署名権限管理や印章管理などのガバナンス規定とも親和性が高いので、企業ユーザーに最適です。

立会人型は相手に負担をかけない

メール認証による本人確認のみで署名ができる立会人型が、契約相手に負担をかけない特徴があります。契約相手はワンサインのアカウントを作成する必要がないので、BtoCの契約や、ライトな契約に適しています。

ひとことコメント


標準搭載されている判子は2種類あるため、それぞれの書類や文書に対しての使い分けが可能です。契約相手にはワンサインのアカウントが不要で署名ができる立会人型は、契約相手にも負担がなく契約の成立を促すことができます。

うまく使い分けることで、より契約締結の向上を目指すことができるでしょう。

ワンサインの特徴④スモールスタートしやすい価格体系と充実した機能

WAN-Sign(ワンサイン)の画像5ワンサインは、契約件数や管理データ件数、容量に合わせた料金設計をしているので、スモールスタートがしやすく簡単に導入できます。電子契約は0円から利用可能で、アカウントの発行やユーザーID数による追加料金は一切発生しません。また電子契約機能や契約管理機能、導入サポートなどの機能も標準搭載されています。

オプションサービスも充実

書類電子化代行サービスでは、文書受け入れ作業や全件電子化作業を行ってくれます。さらに、既存のシステムと連携するサービスも提供しているので、システム連携に関して悩んでいれば利用してみるのもよいでしょう。

ひとことコメント


契約件数やデータ件数などに合わせた料金設定となっているため、導入しやすい特徴があります。導入サポートなども標準搭載されているため、安心して使い始めることができます。

オプションも豊富で、既存のシステムとの連携なども可能であるため、依頼してみることでスムーズな電子契約サービスの導入につながることでしょう。

まずは公式サイトでサービスについて知ってみよう!

ワンサインはセキュリティ対策に重きを置いた電子契約サービスです。厳重なセキュリティはさまざまな評価を受けていて、現に多くの企業で導入されています。

電子契約は0円から利用可能で、追加費用もなく、取引先がアカウントを作成しなくてもサービスの利用が可能である点を考慮すると、電子契約の導入を検討している企業にとくにおすすめだといえます。公式サイトから資料を請求したり、問い合わせたりしてみてサービスについて知っていくところから始めてみてください。

ワンサインではサービスについて解説するためのイベントやセミナーを開催しています。気になる人は参加して、より理解を深めてみてはいかがでしょうか。

WAN-Sign(ワンサイン)に寄せられた口コミ

電子証明書、メール認証のハイブリッド締結を管理できる

操作性が高く、契約形態が豊富(電子署名方式、電子サイン方式、ハイブリッド方式)であり、電子データへのアクセス権やユーザー権限のきめ細やかな設定が可能。すでに紙媒体で契約した契約書や他社の電子契約サービスで締結したPDFを一元管理できる点。

業務の効率化。最低限のコストで仮想的に全電子化したのと同様の環境を創出することができた。要求があってから閲覧可能になるまでの時間も、最短で5分程度と大幅にスピードアップした。
検索にかかる手間と時間の削減、契約書類のセキュリティ確保、運用の標準化。

引用元:https://boxil.jp/

サインすることに抵抗感が無い

初めて利用したが、違和感がなく最後まで簡単に進捗できた。ノーマルなサインから自分で作成した田書院を選ぶことが融通性が高いことも満足している。またサイン後は自動返信、履歴が残る為、契約署内がローカル保存できる。

紙の契約書が消えた、押印後のラリーが減った。事前の確認が可能。切手代、対面の寄り取りが不要になった。

引用元:https://boxil.jp/

サービス内容高いノウハウを持つMOインターネットグループと共同開発した電子署名法や電子帳簿保存法に対応した電子契約・契約管理サービス
強みISO/IEC27001・ISO/IEC27017・ISO9001を取得。フォルダによる閲覧制限、IPアドレス制限など、金融機関・医療機関が求めるセキュリティを備えた内部統制機能を標準搭載。
導入コスト無料プラン ¥0 契約締結 3件/月まで
有料プラン 1件¥300(税別)
電子証明書発行料 1件 ¥8,000(税別)
問い合わせ電話・メールフォーム
TEL:03-5425-5300
会社情報株式会社ワンビシアーカイブズ
東京都港区虎ノ門4-1-28(虎ノ門タワーズ オフィス)
ワンサインの公式サイトを見てみる おすすめの電子契約サービスランキングはこちら
検索

【NEW】新着情報

社名:株式会社TeraDox 住所:〒151-0071 東京都渋谷区本町3-10-3 清水橋矢部ビル9階 TEL:0120-614-748 電子契約システムの利用は「操作が難しそう」「慣れな

続きを読む

社名:株式会社ベクター 住所:〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2-19-7 Flos幡ヶ谷2F あなたのお勤め先は、どのくらい電子化が進んでいますか?機能と料金が気になって決められない

続きを読む

社名:セコムトラストシステムズ株式会社 住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 セコム本社ビル TEL:0120-39-0756 セコムあんしん電子契約サービスとは、ホームセ

続きを読む

社名:jinjer株式会社 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿 6-11-3 WeWork Dタワー西新宿 TEL:03-5908-8415 さまざまなものの電子化が進む世の中では

続きを読む

社名:セイコーソリューションズ株式会社 住所:〒261-8507 千葉県千葉市美浜区中瀬1-8 TEL:043-273-3111 かんたん電子契約forクラウドは金融機関への導入実績多数で安

続きを読む

企業のペーパーレス化やDX化が進むなかで重要になるのが、書類の有効性を担保する電子署名です。しかし、企業全体の電子署名を自作するのは非常にコストがかかります。そこで、電子署名ツールがあります

続きを読む

社名:株式会社LegalForce  住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント6階 企業間の取引や顧客取引にて、契約書の存在はとても重要です。一般的に、企業の法務

続きを読む

社名:TDCソフト株式会社 住所:〒151-00053 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル TEL:03-6739-8111 Meeepaは、企業の契約や請求に関する業務を

続きを読む

社名:GVA TECH株式会社 住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-15-6 GVAフレンズ TEL:03-6274-8260 企業の契約にかかわる業務がメインである法務部。企業間の取引を決めるル

続きを読む

テレワークへの移行やペーパーレス化が進む現代のビジネスシーンにおいて、電子署名は不可欠なものとなってきています。HelloSignは、オンラインストレージサービスであるDropboxの仕組み

続きを読む

電子契約サービスガイド!おすすめ比較ランキング

名前

リーテックスデジタル契約

ポイント

業界最高レベルの法的安定性を実現した電子契約サービスを提供。
公式サイトはこちら
電子印鑑GMOサインの画像S

名前

電子印鑑GMOサイン

ポイント

お試しフリープランで実際に使用感を確かめられる電子契約サービス
公式サイトはこちら
BtoBプラットフォーム契約書の画像S

名前

BtoBプラットフォーム契約書

ポイント

運用実績20年以上の安心と信頼を提供し続けて導入企業が60万社突破
公式サイトはこちら
DocuSign(ドキュサイン)の画像S

名前

DocuSign(ドキュサイン)

ポイント

短時間で契約や合意を完了できるシンプルな操作性と多機能を備えたサービス
公式サイトはこちら
CLOUDSIGN(クラウドサイン)の画像S

名前

CLOUDSIGN(クラウドサイン)

ポイント

圧倒的な知名度で取引先に説明がしやすく誰でも簡単に扱える
公式サイトはこちら
freeeサイン(フリーサイン)の画像S

名前

freeeサイン(フリーサイン)

ポイント

契約業務のプロセスがワンストップで完結する使いやすさNo.1の電子契約サービス
公式サイトはこちら
WAN-Sign(ワンサイン)の画像S

名前

WAN-Sign(ワンサイン)

ポイント

GMOインターネットグループと共同開発した電子契約サービス。特許も取得
公式サイトはこちら
Adobe Sign(アドビサイン)の画像S

名前

Adobe Sign(アドビサイン)

ポイント

80億件の電子サイン実績を誇る。G2Reviewsの電子サイン部門で首位を獲得
公式サイトはこちら
マネーフォワード クラウド契約の画像S

名前

マネーフォワード クラウド契約

ポイント

DX化の推進にもつながる電子契約サービス。企業全体の業務効率化が図れる
公式サイトはこちら
LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の画像S

名前

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)

ポイント

AIが契約を管理する電子契約サービス。締結後の適切な契約管理をサポート
公式サイトはこちら