LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の画像
AIが契約を管理する電子契約サービス。締結後の適切な契約管理をサポート

契約情報を自動抽出
契約書を素早くデータ化

高い技術力
国内トップの研究者が開発

面倒な書類管理が不要
締結後の管理をサポート

リスクの可視化
高リスクの契約書を検索

リーガルフォースキャビネは、締結後の適切な契約管理をサポートするAI契約管理システムです。あらゆる契約書をすばやくデータ化し、契約管理の手間を軽減します。

サービスとしての仕上がりは法律のプロも納得するほどのクオリティであるため、安心して利用可能です。煩雑な契約書管理に悩んで業務の進行に支障をきたしているのであれば、リーガルフォースキャビネを導入すれば解決できます。

リーガルフォースキャビネの特徴①契約管理業務のさまざまな課題を解決できるサービス

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の画像2リーガルフォースキャビネのAI契約管理システムは契約管理業務で考えられる課題に対して解決策があるサービスなので、現在課題を感じている人に最適です。さらに締結後の契約書の「監視体制」を構築しているので、余裕のあるリスク管理も実現します。

リーガルフォースキャビネでは、以下のような課題解決を得意としています。

管理台帳の作成に手間をかけたくない

管理台帳の作成は手間がかかるだけではなく、記入ミスも避けなければなりません。リーガルフォースキャビネでは、AIが契約情報を自動で抽出して管理台帳を作成します。

当事者名、契約書の開始や終了日、自動更新の有無などの情報を、アップロードした契約書からAIが自動で抽出するので、手間もミスもなくなります。

契約書を探す手間をなくしたい

リーガルフォースキャビネは、関連契約書に紐付けた状態で全文からの検索が可能です。アップロードした契約書は全文テキストデータ化されるので、契約書に含まれる単語から契約書を見つけられます。

該当の契約書を探す手間がなくなるので、時間も短縮できます。さらにAIが更新期限を計算して、メールでリマインドする機能があります。リスクがあるかもしれない契約書を検索して、Excel形式でダウンロードできるのも魅力です。

契約書に権限を付与したい

ユーザーや組織ごとに閲覧権限を付与できるので、全社運用が可能です。さらに、契約書ごとに担当者を設定できます。契約書の管理を行う担当者が一目で分かるので、締結済みの契約書を放置する恐れがなくなり、安心です。

契約リスクに対する課題も解決できる

上記で取り上げた方法で課題を解決すれば、契約リスクに対する課題も解決できます。たとえば更新期限を計算してメールでリマインドする機能は、契約書の更新期限を抜けなく把握できます。

また全文テキストデータ化されることによって、契約違反が生じるリスクがある契約書を網羅的に探せます。契約書に対して担当者を割り当てれば、担当者不在で放置された契約書を減らすことが可能です。

検索時間や工程管理だけではなく、契約リスクの管理をも解決できるサービスがリーガルフォースキャビネです。

特殊な開発体制のもとで完成されたサービス

リーガルフォースキャビネは国内トップの研究者機関出身者や、米国大手テックの出身者が在籍するAI研究部門を設置しています。契約書言語処理を中心とした、要素技術の研究や開発を実施しています。

さらに京都大学との共同研究も行っているので、製品を通して最先端のソリューションを提供することに成功しました。サービスのクオリティが高く、誰もが納得できるサービスです。

ひとことコメント


契約に課題を感じている企業には最適なサービスのひとつであると考えられます。リーガルフォースキャビネはAI契約管理システムであるため、管理台帳も自動で作成しするため、手間もミスもないのが特徴です。

閲覧権限の設定も可能で、契約リスクに関する課題解決が実現できます。国内トップの研究者機関の出身や米国大手テックの出身者が在籍しているため、サービスのクオリティに期待ができるでしょう。

リーガルフォースキャビネの特徴②リーガルフォースキャビネの機能

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の画像3リーガルフォースキャビネと電子契約サービスを連携すれば、紙の契約書と同じように電子契約書を管理できます。既に電子契約サービスを導入していれば、より容易な契約書管理が可能です。さらにフォルダごとの契約書アップロードにも対応しているので、簡単に登録ができます。

IPアドレス制限や英語対応などの機能も

IPアドレス制限をかけて、社外からのアクセスを制限できます。情報漏洩やデータ改ざんのリスクを軽減できるので、不正アクセスの心配がなくなります。

さらに、リーガルフォースキャビネの全機能は、英語の契約書にも対応しています。日本語の契約書と同じようにテキストデータ化したり、情報の抽出をしたり、台帳の作成が自動で行われるので、効率的な業務の実現が可能です。

ひとことコメント


IPアドレス制限や日本だけではなく、英語の契約書にも対応しているため、海外との契約を行いたい企業でも使いやすい電子契約サービスだといえます。セキュリティ面も安心して利用でき、より効率化を目指すことができそうですね。

リーガルフォースキャビネの特徴③導入・活用サポートも充実している

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の画像4リーガルフォースキャビネを導入したあと、より効果的に活用するための支援を提供するサービスもあります。導入サポートでは専任オペレーターによるダブルチェック体制があり、AIが契約書データを読み取って文字化する際の誤字脱字をオペレーターが修正します。
さらに、契約書のデータベース化に特化した専任のオペレーターとしても活躍するので、正確なデータベースの構築も可能です。導入決定後はキックオフミーティングを実施して、専任の担当者が導入計画を策定してスムーズな導入を実現します。

より効果的に運用していくためのサポート体制もある

システムに慣れていない人でも安心して利用できるよう、製品画面から手軽に問い合わせができるチャット機能を実装しているので問題なく業務を行えます。さらにカスタマーサクセスチームによる活用支援も充実しています。

顧客の活用状況に合わせて、より効果的に活用できるようなサクセスプランを提案するので、コストパフォーマンスに優れています。

紙の契約書をPDF化するサービスも提供

紙の契約書をPDF化して、リーガルフォースキャビネにアップロードするまでをワンストップで代行するサービス「リーガルフォースキャビネスキャンプラス」もあります。面倒なスキャン作業が不要なので、紙の契約書がたくさんある人ほどおすすめです。

ひとことコメント


導入サポートも手厚く、専任オペレーターの存在があることは非常に嬉しいポイントです。導入を決定したあともしっかりと導入計画を提案し、スムーズに導入へと進めることができます。

また紙の契約書のPDF化もあるため、既存の契約書なども一緒に管理したい場合には「リーガルフォースキャビネスキャンプラス」を利用し、代行を依頼してみてもよいでしょう。

まずはプランをチェックしてみよう!

リーガルフォースキャビネは、明確なプランが存在しません。顧客の契約管理数や、管理状況などから最適なプランを提供しているためです。

したがって、具体的な料金を知るには問い合わせをしてプランをチェックする必要があります。また、リーガルフォースキャビネは管理が簡単になるサービスであり、電子契約をする機能が備わっていません。

電子契約サービスでは手が届かなかった管理の課題を解決するものであるため、注意が必要です。とはいえ、導入すれば間違いなく痒いところに手が届くようになるので、導入の検討をしてみてください。

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)に寄せられた口コミ

直感的な使いやすさが良い

とにかく面倒な契約書整理をドラッグアンドドロップと数回のクリックでほとんど終わらせられるのはとても有効だと思う。

使いやすい→契約書を収集できる→一元的に管理できる→網羅的に見やすい→使う気になるという好循環が生み出せると思う。

面倒な操作がなく、誰でも契約書を格納できるので、格納し忘れを防ぐことができる点、それにより網羅的な全文検索ができる点が大きなメリットと感じた。

引用元:https://boxil.jp/

契約書管理が楽

当社で利用している電子契約サービスとの連携ができ、紙の書類で契約してファイルに保管して・・・みたいな流れと同じようにweb上で管理できるので大変重宝しています。また契約書に紐づけてNDA等の関連書類も登録することができるので個別に探す手間がなく助かってます。

書類探索の際、紙で管理していた時は倉庫に問い合わせるなどして1習慣程度かかってしまうことがありましたが、本製品を使ってからはスピードが圧倒的に早くなりました。全文検索が便利すぎます。

引用元:https://boxil.jp/

サービス内容締結後の適切な契約管理をサポートする「AI契約管理システム」。あらゆる契約書をすばやくデータ化し、契約管理の手間を軽減
強み契約書がテキストデータ化されるため、全文検索が可能。AIが更新期限を自動で計算し、メールで知らせるリマインド機能搭載
導入コスト導入初期費用+ライセンス費用(月額)
※ヒアリング後プラン提案
問い合わせ電話
TEL:03-4405-2943
会社情報株式会社LegalForce
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント6F
リーガルフォースキャビネの公式サイトを見てみる おすすめの電子契約サービスランキングはこちら
検索

【NEW】新着情報

社名:株式会社TeraDox 住所:〒151-0071 東京都渋谷区本町3-10-3 清水橋矢部ビル9階 TEL:0120-614-748 電子契約システムの利用は「操作が難しそう」「慣れな

続きを読む

社名:株式会社ベクター 住所:〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2-19-7 Flos幡ヶ谷2F あなたのお勤め先は、どのくらい電子化が進んでいますか?機能と料金が気になって決められない

続きを読む

社名:セコムトラストシステムズ株式会社 住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 セコム本社ビル TEL:0120-39-0756 セコムあんしん電子契約サービスとは、ホームセ

続きを読む

社名:jinjer株式会社 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿 6-11-3 WeWork Dタワー西新宿 TEL:03-5908-8415 さまざまなものの電子化が進む世の中では

続きを読む

社名:セイコーソリューションズ株式会社 住所:〒261-8507 千葉県千葉市美浜区中瀬1-8 TEL:043-273-3111 かんたん電子契約forクラウドは金融機関への導入実績多数で安

続きを読む

企業のペーパーレス化やDX化が進むなかで重要になるのが、書類の有効性を担保する電子署名です。しかし、企業全体の電子署名を自作するのは非常にコストがかかります。そこで、電子署名ツールがあります

続きを読む

社名:株式会社LegalForce  住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント6階 企業間の取引や顧客取引にて、契約書の存在はとても重要です。一般的に、企業の法務

続きを読む

社名:TDCソフト株式会社 住所:〒151-00053 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル TEL:03-6739-8111 Meeepaは、企業の契約や請求に関する業務を

続きを読む

社名:GVA TECH株式会社 住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-15-6 GVAフレンズ TEL:03-6274-8260 企業の契約にかかわる業務がメインである法務部。企業間の取引を決めるル

続きを読む

テレワークへの移行やペーパーレス化が進む現代のビジネスシーンにおいて、電子署名は不可欠なものとなってきています。HelloSignは、オンラインストレージサービスであるDropboxの仕組み

続きを読む

電子契約サービスガイド!おすすめ比較ランキング

名前

リーテックスデジタル契約

ポイント

業界最高レベルの法的安定性を実現した電子契約サービスを提供。
公式サイトはこちら
電子印鑑GMOサインの画像S

名前

電子印鑑GMOサイン

ポイント

お試しフリープランで実際に使用感を確かめられる電子契約サービス
公式サイトはこちら
BtoBプラットフォーム契約書の画像S

名前

BtoBプラットフォーム契約書

ポイント

運用実績20年以上の安心と信頼を提供し続けて導入企業が60万社突破
公式サイトはこちら
DocuSign(ドキュサイン)の画像S

名前

DocuSign(ドキュサイン)

ポイント

短時間で契約や合意を完了できるシンプルな操作性と多機能を備えたサービス
公式サイトはこちら
CLOUDSIGN(クラウドサイン)の画像S

名前

CLOUDSIGN(クラウドサイン)

ポイント

圧倒的な知名度で取引先に説明がしやすく誰でも簡単に扱える
公式サイトはこちら
freeeサイン(フリーサイン)の画像S

名前

freeeサイン(フリーサイン)

ポイント

契約業務のプロセスがワンストップで完結する使いやすさNo.1の電子契約サービス
公式サイトはこちら
WAN-Sign(ワンサイン)の画像S

名前

WAN-Sign(ワンサイン)

ポイント

GMOインターネットグループと共同開発した電子契約サービス。特許も取得
公式サイトはこちら
Adobe Sign(アドビサイン)の画像S

名前

Adobe Sign(アドビサイン)

ポイント

80億件の電子サイン実績を誇る。G2Reviewsの電子サイン部門で首位を獲得
公式サイトはこちら
マネーフォワード クラウド契約の画像S

名前

マネーフォワード クラウド契約

ポイント

DX化の推進にもつながる電子契約サービス。企業全体の業務効率化が図れる
公式サイトはこちら
LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の画像S

名前

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)

ポイント

AIが契約を管理する電子契約サービス。締結後の適切な契約管理をサポート
公式サイトはこちら