電子印鑑GMOサイン

電子印鑑GMOサインの画像
お試しフリープランで実際に使用感を確かめられる電子契約サービス

法的にも安心
電子帳簿保存法に準拠

低水準の価格
送信料は他社のおよそ半額

権限設定・閲覧制限可
ガバナンス強化を実現

スマホで契約締結完了
専用アプリ内で契約完了

電⼦印鑑GMOサインは「紙+押印」による従来の契約締結に代わって「電⼦⽂書+電⼦署名」で締結するクラウド型の電⼦契約サービスです。従来の紙ベースの契約書の製本から郵送までの作業をカットできるので、契約スピードの劇的な向上を実現できます。

さらに業務を効率化するだけではなく、郵送費や印紙税、保管コストなどの契約締結や管理に関するコストを大幅に削減できるので、一石二鳥の効果があります。

電子印鑑GMOサインの特徴①圧倒的なコストパフォーマンスと高機能だから選ばれる

電子印鑑GMOサインの画像2GMOサインは圧倒的なコストパフォーマンスと高機能だからこそ選ばれています。同水準の他社サービスと比較すると1送信あたりの送信料を半額に抑えながらも、標準仕様の機能が充実しています。

さらに電子契約ならではの閲覧設定や権限設定などの機能もあるので、ガバナンス強化も実現できます。約2,000人との契約締結を1回で済ませられる大量の契約書を一括で送信できるので、これまで2~3週間かかっていた契約締結がたった1日で完了します。

同じ内容の契約書を契約機関のみ変更して一括送信する場合も、CSVファイルにデータを入力して電子印鑑GMOサインにアップロードするだけで、複数人に一括送信ができます。

豊富な標準機能で細かい権限管理が可能

標準機能にはユーザーごとの役割と権限の設定、ユーザーグループ管理、閲覧権限の付与がついています。ガバナンス強化に役立つ機能のほか、セキュリティ強化につながるIPアドレス制限なども利用できます。

そして、契約書送信時に承認者を設定できるワークフロー設定も可能です。

導入後は安心のアフターサポート

動画コンテンツやウェビナーで各機能の解説、平日10時から18時までの電話サポート、社内勉強会や各種設定支援などの導入支援も個別にサポートするので、何かあっても安心です。

ひとことコメント


他社と比較して1送信料が半額という驚異のコストパフォーマンスが実現されているようです。また約2,000人との契約締結を1回で済ませらる一斉送信機能もあるため、業務の効率化に打って付けです。

標準機能にも優れ、権限管理の設定やセキュリティ強化も期待でき、導入後にも個別サポートが可能であるため、安心です。

電子印鑑GMOサインの特徴②パソコンがない人でも署名できるスマホアプリもリリース

電子印鑑GMOサインの画像3GMOサインはスマホで簡単に電子署名ができるアプリをリリースしています。スマホが印鑑になるので、外出先や移動中を問わず、いつでも電子署名が可能です。

さらに自社ワークフローの承認と却下もアプリで対応できるのも特徴のひとつです。社内の承認依頼も確認して対応ができるので、パソコンが使えない環境でも問題ありません。

アプリの特徴は3つ

アプリを開くとトップページに要対応のリストが表示され、自分に署名を求められている文書のリストが一目で分かります。トップページに表示されるので、タスク漏れの心配もありません。

署名依頼のプッシュ通知機能も備わっています。アプリを開いていないときに届いた署名依頼はリアルタイムでプッシュ通知されるので、通知をタップすればすぐに署名ができます。
さらに直感的な操作でできる使いやすいインターフェイスであるため、電子機器の扱いに慣れている人であればマニュアルを読まなくても感覚的に利用できます。オリジナル印影画像の登録や、生体認証を使ったログインも可能です。

ひとことコメント


スマホで簡単に電子署名ができるアプリがあるのは非常に便利ですね。パソコンが使えない環境下であってもいつでもどこでも電子署名が可能です。

また直感的な操作でアプリを使いこなせるため、機器の扱いに慣れていない人であっても簡単に利用できることでしょう。

電子印鑑GMOサインの特徴③トップレベルの技術を駆使したセキュリティ対策

電子印鑑GMOサインの画像4GMOサインは、証明書の発行元の正当性を客観的に証明するルート証明書や、書面の非改ざん性を証明する認定タイムスタンプが標準で付与されています。信頼できる第三者機関から発行されていたり、文書の非改ざん証明が明確であったりする点から、電子署名のセキュリティ担保の信頼性が高く、安心して利用できます。

セイコーソリューションズ社認定のタイムスタンプ

標準で付与されているタイムスタンプは、セイコーソリューションズが認定した信頼できるタイムスタンプです。タイムスタンプは10年の有効期限しかありませんが、GMOサインでは長期署名でも自動で対応する仕組みがあるので、20~30年の長期的なセキュリティ対策が可能です。

Adobe認定のルート証明書を採用

GMOで採用されている電子証明書は、Adobeが認定したAATL:AdobeApprovedTrustListに適合したものです。Adobeが求める要件をクリアした認定局のみが発行できる証明書では、電子署名の有効性をPDF上で簡単に検証できるため、相手がGMOサインを利用していなくても安心して利用できます。

GMOサインを守るセキュリティはほかにもある

GMOサインではファイルの暗号化に対応しています。ファイル単位で暗号化されていると、第三者からの不正アクセスが発生した場合でも情報の秘匿性が保持されているため、安心してデータの保管が可能です。

さらにSSL/TSLによる通信の暗号化対応によって、通信プロセスを第三者から盗み見られる心配もありません。そして取り扱う契約データのすべてを日次でバックアップを取っているので、データが破壊されても確実に復旧ができます。

またアカウント自体の保護も行っており、一度しか利用できないワンタイムパスワードを採用して、二要素認証機能を実装することでより確実な不正ログイン対策も可能としています。ほかにも外部のセキュリティ専門業者から脆弱性診断を最低年1回実施して、現状の安全面を客観的に確認できるようにサポートもしています。

GMOサインでは、ISO27001をオフィスで取得しています。自社内で保護する情報資産を洗い出して、情報資産の機密性や安全性、可用性のバランス維持や改善の仕組みかを目的としたもので、情報セキュリティ対策や価値向上に向かって日々信頼を提供しています。

ひとことコメント


証明書の発行元の明確さや非改ざん性を証明するシステムなどセキュリティが強化されており、信頼性が高いことがわかります。また取り扱う契約データのすべてがバックアップされているため、データが万が一破壊されてしまってもすぐに復旧できるため、非常に安心でしょう。

まずはフリープランを使ってみよう!

GMOサインはフリープランで実際に使って試せるので、電子契約サービスを比較したい人におすすめです。使ってみたうえで自社に合っているかどうかを検討できる電子契約サービスは多くありません。

また、導入を検討している人は資料も請求してみてください。GMOサインは「電子契約入門セミナー」「基礎から学べる入門セミナー」などのオンラインセミナーを無料で開催しています。

電子契約を社内で推進するためのポイントも解説しているので、電子契約に対してまだあまり理解できていない人は参加してみるのもよいでしょう。他社よりも低コストで電子契約サービスを導入したいと考えている人はGMOサインを試してみてはいかがでしょうか。

電子印鑑GMOサインに寄せられた口コミ

日本の押印文化をいい意味で忖度した電子契約・電子サイン

電子契約(電子サイン)の実施にあたり、印鑑の印影画像・手書き・文字入力を選べることと、有料版の場合、電子証明(やマイナンバー)を付して、より証拠力の高い契約を行うことができる点。

さらに、ユーザー数無制限で、利用料金が他社と比較して安価に設定されている上に、毎月改善に関するアップデートが施されていることから、ユーザービリティに配慮した製品作りがされているため。

他社製品において、電子サインの際に文字列の入力(もしくはサイン省略)しかできず、日本の契約慣行において印鑑の無い契約を(相手先が)受け入れることができなかったという課題に対して、GMOサインの場合は印鑑画像を差し込んで電子サインができるという解決策を提示することで、主に公共に準じる団体等との契約に関して2/3以上の団体がすんなりと電子契約に移行できた。

引用元:https://boxil.jp/service/

契約書をネット上で行うことができリモートワークに必須

今まで契約書といえば対面や、郵送などの紙で行っていましたが、ネット上で契約を完結させることができ、現代のリモートワークに必須で、ペーパーレスが実現出来ています。保存に関してもリスクなくできるので安心感があります。

圧倒的な時間短縮、契約書のために足を運ぶ必要がなくなった。ちょっと確認したいなと思った時にもすぐに確認できる。

引用元:https://boxil.jp/

サービス内容「電⼦⽂書 + 電⼦署名」で締結するクラウド型の電⼦契約サービス。「紙 + 押印」による従来の契約締結作業が省けるため契約スピードが劇的に向上する
強み同⽔準の他社サービスと⽐べて、1送信あたりの送信料をほぼ半額に抑えつつ、標準で利⽤できる機能が充実。
導入コストお試しフリープラン ⽉額基本料⾦0円
契約印&実印プラン(立会人型&当事者型)
⽉額基本料⾦ 9,680円(税込)
問い合わせメールフォーム
会社情報GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー10F
GMOサインの公式サイトを見てみる おすすめの電子契約サービスランキングはこちら
検索

【NEW】新着情報

社名:株式会社TeraDox 住所:〒151-0071 東京都渋谷区本町3-10-3 清水橋矢部ビル9階 TEL:0120-614-748 電子契約システムの利用は「操作が難しそう」「慣れな

続きを読む

社名:株式会社ベクター 住所:〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2-19-7 Flos幡ヶ谷2F あなたのお勤め先は、どのくらい電子化が進んでいますか?機能と料金が気になって決められない

続きを読む

社名:セコムトラストシステムズ株式会社 住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 セコム本社ビル TEL:0120-39-0756 セコムあんしん電子契約サービスとは、ホームセ

続きを読む

社名:jinjer株式会社 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿 6-11-3 WeWork Dタワー西新宿 TEL:03-5908-8415 さまざまなものの電子化が進む世の中では

続きを読む

社名:セイコーソリューションズ株式会社 住所:〒261-8507 千葉県千葉市美浜区中瀬1-8 TEL:043-273-3111 かんたん電子契約forクラウドは金融機関への導入実績多数で安

続きを読む

企業のペーパーレス化やDX化が進むなかで重要になるのが、書類の有効性を担保する電子署名です。しかし、企業全体の電子署名を自作するのは非常にコストがかかります。そこで、電子署名ツールがあります

続きを読む

社名:株式会社LegalForce  住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント6階 企業間の取引や顧客取引にて、契約書の存在はとても重要です。一般的に、企業の法務

続きを読む

社名:TDCソフト株式会社 住所:〒151-00053 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル TEL:03-6739-8111 Meeepaは、企業の契約や請求に関する業務を

続きを読む

社名:GVA TECH株式会社 住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-15-6 GVAフレンズ TEL:03-6274-8260 企業の契約にかかわる業務がメインである法務部。企業間の取引を決めるル

続きを読む

テレワークへの移行やペーパーレス化が進む現代のビジネスシーンにおいて、電子署名は不可欠なものとなってきています。HelloSignは、オンラインストレージサービスであるDropboxの仕組み

続きを読む

電子契約サービスガイド!おすすめ比較ランキング

名前

リーテックスデジタル契約

ポイント

業界最高レベルの法的安定性を実現した電子契約サービスを提供。
公式サイトはこちら
電子印鑑GMOサインの画像S

名前

電子印鑑GMOサイン

ポイント

お試しフリープランで実際に使用感を確かめられる電子契約サービス
公式サイトはこちら
BtoBプラットフォーム契約書の画像S

名前

BtoBプラットフォーム契約書

ポイント

運用実績20年以上の安心と信頼を提供し続けて導入企業が60万社突破
公式サイトはこちら
DocuSign(ドキュサイン)の画像S

名前

DocuSign(ドキュサイン)

ポイント

短時間で契約や合意を完了できるシンプルな操作性と多機能を備えたサービス
公式サイトはこちら
CLOUDSIGN(クラウドサイン)の画像S

名前

CLOUDSIGN(クラウドサイン)

ポイント

圧倒的な知名度で取引先に説明がしやすく誰でも簡単に扱える
公式サイトはこちら
freeeサイン(フリーサイン)の画像S

名前

freeeサイン(フリーサイン)

ポイント

契約業務のプロセスがワンストップで完結する使いやすさNo.1の電子契約サービス
公式サイトはこちら
WAN-Sign(ワンサイン)の画像S

名前

WAN-Sign(ワンサイン)

ポイント

GMOインターネットグループと共同開発した電子契約サービス。特許も取得
公式サイトはこちら
Adobe Sign(アドビサイン)の画像S

名前

Adobe Sign(アドビサイン)

ポイント

80億件の電子サイン実績を誇る。G2Reviewsの電子サイン部門で首位を獲得
公式サイトはこちら
マネーフォワード クラウド契約の画像S

名前

マネーフォワード クラウド契約

ポイント

DX化の推進にもつながる電子契約サービス。企業全体の業務効率化が図れる
公式サイトはこちら
LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の画像S

名前

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)

ポイント

AIが契約を管理する電子契約サービス。締結後の適切な契約管理をサポート
公式サイトはこちら