BtoBプラットフォーム契約書

BtoBプラットフォーム契約書の画像
運用実績20年以上の安心と信頼を提供し続けて導入企業が60万社突破

法的効力あり
電子帳簿保存法改正に対応

複数社との同時契約
最大5社間契約まで実施可能

書類管理も簡略化
過去の紙取引も一括保管

利用実績
外食産業で高い普及率

BtoBプラットフォーム契約書は電子帳簿保存法改正に対応した、法的効力のある安全な電子契約サービスです。電子署名の付与による法的効力を持つ、信頼できる安全な電子契約サービスで、紙の契約書で起こりうるすべての課題を解決できます。

契約書をアップロードして取引先に締結を依頼し、完了したら契約業務が終わるスピード感も兼ね備えています。導入事例が多く、長年運用してきた実績のある信頼できるサービスです。

BtoBプラットフォーム契約書の特徴①多彩な特徴を持つ電子契約サービス

BtoBプラットフォーム契約書の画像2BtoBプラットフォーム契約書はクラウド上で取引先が契約書を受領することで契約の締結ができます。契約締結の証として、タイムスタンプと電子署名が付与されます。

電子契約だけではなく、過去に紙でやり取りしていた文書もクラウド上で保管・管理ができるので、安全な社内共有も実現できます。また、契約の状況を取引先別・契約種別・タグ別・期間別に分類して簡単に把握できるのもポイントです。

さらに特徴的なのが、電子帳簿保存法の保存要件を満たすサービスである点です。電子帳簿保存法の保存要件を満たすのは自社だけではなく、取引先も含めて双方が適用されます。

電子契約を導入して終わらせないサポート体制

電子契約に関する安心のサポート体制が整っているのもBtoBプラットフォームの特徴です。導入後も自社と取引先の困りごとに対して継続的なサポートをしてくれます。

電子契約の導入前は、オンラインデモの実施や活用についてのコンサルティング、導入に向けた社内起案や稟議対応などのサポートをしてくれます。導入後は実施スケジュールやテンプレートの作成、自社で使うマニュアルの作成も行ってくれます。

場合によっては社内説明会を開催したり、APIの連携設定をしてくれたりもするので、運用に関して不安があっても問題ありません。さらに、電子契約を導入する上で欠かせない「取引先への理解」もアシストし、直々に説明を行ってくれます。

ひとことコメント


自社も取引先も電子帳簿保存法の保存要件を満たすサービスであることが特徴のようですね。タイムスタンプや電子署名の付与があり、クラウド上の保管や管理も細かく分けながらできるため、社内共有も容易となります。

運用に関してのサポートも充実しているため、導入前も導入後も安心です。

BtoBプラットフォーム契約書の特徴②導入企業が60万社を超える理由

BtoBプラットフォーム契約書の画像3まずは契約業務にかかる作業時間やコストの削減が選ばれている理由の一つです。紙の契約書が電子の契約書になるので、押印・印刷・製本・印紙代・郵送の手間とコストをすべて削減できます。

もちろんデータでやり取りを行うため、契約書がすぐに取引先へ到着します。さらに、契約書の再送が必要な時はシステム上で可能であるため、リードタイムの短縮もできます。普段はデータで管理して、必要なときだけ印刷すればよいので、保管スペースや保管コストも発生しません。

働く場所に関係なく契約業務ができる

契約書の確認や承認はシステム内で完結するので、判子を使わずに簡単かつ手早く承認作業が可能です。インターネット環境があれば、オフィスでも在宅でも契約業務ができるため、テレワークの導入もできます。社内承認はワークフローによって見える化が実現し、権限管理や参照者設定などを利用したコンプライアンスの強化も可能です。

電子署名とタイムスタンプでセキュリティ対策を実施

電子データが改ざんされていない事実を証明するための電子署名と、刻印されている時間よりも前にデータが存在していた事実や改ざんされていない事実を証明するためのタイムスタンプよって、契約内容の改ざんリスクを最小限に抑えることができます。さらに、ブロックチェーンを活用して、情報の記録を共有して管理・保存を行うので、安心して利用できます。

完全ペーパーレスを実現

国税庁が定める電子帳簿保存法を取引先も含めて適用しているので、税務調査対策も万全です。バージョンアップや定期的なメンテナンスは自動で行われるので、システム改修もなく安心して利用できます。電子データを管理して保管するため、完全なペーパーレス化を実現しながら、紛失や破損、データの改ざんや情報漏洩のリスクも軽減します。

以上のようなさまざまな理由によって、60万社以上の企業からBtoBプラットフォーム契約書は選ばれているのです。

ひとことコメント


手間やコストを削減でき、保管場所にも困らない点がメリットですね。また権限管理や参照者設定、改ざんリスク低下、完全ペーパーレス化などセキュリティ面の強化や効率化が実現できます。

バージョンアップや定期的なメンテナンスは自動で行われるため、手間も省けることでしょう。

BtoBプラットフォーム契約書の特徴③電子契約のイロハがマンガでわかるコンテンツを提供

BtoBプラットフォーム契約書の画像4BtoBプラットフォーム契約書はお役立ちコンテンツとして、電子契約に関する記事をマンガとあわせて掲載しています。ほかにも電子契約の仕組みやメリットとデメリット、スムーズに導入するためのコツなどもWebで閲覧できます。

電子契約に関して確かな実績と豊富な知識を持つ企業だからこそ書ける記事となっているので、しっかりと理解を深められます。電子契約ナビと称されたメディアで、随時更新されているので定期的にチェックしてみてください。

ひとことコメント


電子契約に関する記事をマンガとあわせて掲載しているのは非常に嬉しいポイントですね。電子契約に関する知識や経験がない方であっても、知識を深めることができるでしょう。

BtoBプラットフォーム契約書の特徴④無料セミナーや無料トライアルの利用でじっくり検討できる

BtoBプラットフォーム契約書の画像5BtoBプラットフォーム契約書は独自のイベントである電子契約のセミナーも開催しています。電子契約の利用料金が高いのか安いのかを比較したり、雇用契約の電子化をしたり、電子契約サービスの概要についても解説しています。

そして、導入ステップについての解説や契約管理技術を提供して締結後の管理を確実にする方法、電子契約で締結を求められたときの対応など、電子契約に関するすべてを紹介しています。

ならびに、フリープランの提供もしています。ユーザー数に上限がなく、参照者設定やアラート機能などが備わったプランで、月額費用が発生しません。したがって、無料セミナーに参加したあと、フリープランを申し込んで使用感を試すことができます。他社と比較したい人は、BtoBプラットフォーム契約書も含めて検討してみてください。

ひとことコメント


電子契約のセミナーが実施されているため、情報を得ることができますね。またフリープランも用意されているため、本格的な導入の前にお試しで導入し、使用感を確認することができるのはメリットです。

初めての電子契約の方でも安心して始められる会社であるといえます。

まずは公式サイトから資料を請求してみよう!

BtoBプラットフォーム契約書は、見積もり、契約、受発注、請求で発生する書類や帳票類を、すべて電子データ化できます。電子データ化した書類や帳票類は、1つのIDと画面で管理ができるよう、シンプルな操作性も兼ね備えています。

そして、導入企業が多く存在するため今から導入してもまったく遅くない上、取引先は無料で利用できる利便性もあります。実際にBtoBプラットフォーム契約書を導入する前に、以上のような情報がたくさんつまった資料を請求するのがおすすめです。

比較検討したい人、実際にサービスを利用したい人、セミナーに参加したい人は、公式サイトから資料請求を行い、電子契約やサービスに対してもっと理解を深めてみましょう。

BtoBプラットフォーム契約書に寄せられた口コミ

使い始めて思ったことですが。。。

内容が複雑でなく、直感的に利用できるので登録担当者に説明するところが難しくなく良かったです。取引先に今後説明し、利用を増やしていくところですが、多くの契約書を収納したとき、目的の契約書を見つけやすいかを今後試していきたいです。

社内の書類を電子化するために利用しましたが、恙無く終えることができ、今後のデータ管理が楽になることを期待しています。今まで書面でやり取りしていた契約書・注文書をBtoBプラットフォーム 契約書で簡略化することができると大幅なコスト削減になるので今後のメリットとして期待してます。

引用元:https://boxil.jp/

電子契約書によるメリット

契約書の電子化が可能になり、遠隔での対応が可能になる、不備がなくなる、データが保管されているため見返しができる、書類の持ち忘れが無くなるなど、特に営業職が嬉しいサービスです。人的ミスが無くなるだけでも、かなり良いため4と致しました。

今までは紙ベースだったため、記入ミスによる不備(特に遠方で郵送対応)、書類の持ち忘れによる人的ミスなど紙ベースのため少なから図起こってしまう無駄なミスが無くなりました。特に、リモートでの対応も増えて来ており、全件郵送での書類になるとどうしても何件か印鑑漏れであったり、ミスが目立っていたため、ZOOMなどで案内しながら書類ができるのは大変メリットがありました。営業会社で特に件数が多い場合は、データの管理も合わせてできるためオススメです。

引用元:https://boxil.jp/

サービス内容クラウド上で取引先が契約書を受領し、契約締結ができる。タイムスタンプ、電子著名が付与され、自身の会社を含めた最大5社間契約まで実施することが可能
強み電子契約のほか、過去に"紙"でやり取りしていた文書もクラウド上で保管できるため、安全に社内共有ができる
導入コストフリープラン 0円~/月
シルバープラン 10,000円~/月
ゴールドプラン 30,000円~/月
問い合わせ不明
※資料ダウンロードは専用フォームから
会社情報株式会社インフォマート
東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13F
BtoBプラットフォーム契約書の公式サイトを見てみる おすすめの電子契約サービスランキングはこちら
検索

【NEW】新着情報

社名:株式会社TeraDox 住所:〒151-0071 東京都渋谷区本町3-10-3 清水橋矢部ビル9階 TEL:0120-614-748 電子契約システムの利用は「操作が難しそう」「慣れな

続きを読む

社名:株式会社ベクター 住所:〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2-19-7 Flos幡ヶ谷2F あなたのお勤め先は、どのくらい電子化が進んでいますか?機能と料金が気になって決められない

続きを読む

社名:セコムトラストシステムズ株式会社 住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 セコム本社ビル TEL:0120-39-0756 セコムあんしん電子契約サービスとは、ホームセ

続きを読む

社名:jinjer株式会社 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿 6-11-3 WeWork Dタワー西新宿 TEL:03-5908-8415 さまざまなものの電子化が進む世の中では

続きを読む

社名:セイコーソリューションズ株式会社 住所:〒261-8507 千葉県千葉市美浜区中瀬1-8 TEL:043-273-3111 かんたん電子契約forクラウドは金融機関への導入実績多数で安

続きを読む

企業のペーパーレス化やDX化が進むなかで重要になるのが、書類の有効性を担保する電子署名です。しかし、企業全体の電子署名を自作するのは非常にコストがかかります。そこで、電子署名ツールがあります

続きを読む

社名:株式会社LegalForce  住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント6階 企業間の取引や顧客取引にて、契約書の存在はとても重要です。一般的に、企業の法務

続きを読む

社名:TDCソフト株式会社 住所:〒151-00053 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル TEL:03-6739-8111 Meeepaは、企業の契約や請求に関する業務を

続きを読む

社名:GVA TECH株式会社 住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-15-6 GVAフレンズ TEL:03-6274-8260 企業の契約にかかわる業務がメインである法務部。企業間の取引を決めるル

続きを読む

テレワークへの移行やペーパーレス化が進む現代のビジネスシーンにおいて、電子署名は不可欠なものとなってきています。HelloSignは、オンラインストレージサービスであるDropboxの仕組み

続きを読む

電子契約サービスガイド!おすすめ比較ランキング

名前

リーテックスデジタル契約

ポイント

業界最高レベルの法的安定性を実現した電子契約サービスを提供。
公式サイトはこちら
電子印鑑GMOサインの画像S

名前

電子印鑑GMOサイン

ポイント

お試しフリープランで実際に使用感を確かめられる電子契約サービス
公式サイトはこちら
BtoBプラットフォーム契約書の画像S

名前

BtoBプラットフォーム契約書

ポイント

運用実績20年以上の安心と信頼を提供し続けて導入企業が60万社突破
公式サイトはこちら
DocuSign(ドキュサイン)の画像S

名前

DocuSign(ドキュサイン)

ポイント

短時間で契約や合意を完了できるシンプルな操作性と多機能を備えたサービス
公式サイトはこちら
CLOUDSIGN(クラウドサイン)の画像S

名前

CLOUDSIGN(クラウドサイン)

ポイント

圧倒的な知名度で取引先に説明がしやすく誰でも簡単に扱える
公式サイトはこちら
freeeサイン(フリーサイン)の画像S

名前

freeeサイン(フリーサイン)

ポイント

契約業務のプロセスがワンストップで完結する使いやすさNo.1の電子契約サービス
公式サイトはこちら
WAN-Sign(ワンサイン)の画像S

名前

WAN-Sign(ワンサイン)

ポイント

GMOインターネットグループと共同開発した電子契約サービス。特許も取得
公式サイトはこちら
Adobe Sign(アドビサイン)の画像S

名前

Adobe Sign(アドビサイン)

ポイント

80億件の電子サイン実績を誇る。G2Reviewsの電子サイン部門で首位を獲得
公式サイトはこちら
マネーフォワード クラウド契約の画像S

名前

マネーフォワード クラウド契約

ポイント

DX化の推進にもつながる電子契約サービス。企業全体の業務効率化が図れる
公式サイトはこちら
LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の画像S

名前

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)

ポイント

AIが契約を管理する電子契約サービス。締結後の適切な契約管理をサポート
公式サイトはこちら