電子契約サービスガイドのメイン画像の画像

おすすめの電子契約サービスをランキング形式で紹介します!

電子契約とは、電子サインや電子証明書などの電子データを活用する契約方法です。従来の書面契約よりも、契約に際する工数や所要時間、セキュリティー面であらゆるメリットがあります。

電子契約サービスを展開している会社・組織はいくつも存在するため、一口に電子契約といってもさまざまな種類があります。自社に合った電子契約サービスを選ぶ際は、

・当事者型と立会人型はどちらが良いか?
・十分なセキュリティーの精度があるのか?
・自社の契約数と費用面は適切なのか?

少なくとも上記のような疑問をもったうえで選んでいかないと、自社にとって最適な電子契約サービスを選ぶのは難しくなってしまいます。当サイトではしっかりと解説を行っているので、ぜひ確認してみてください。

また、webアンケートの結果をもとにおすすめの電子契約サービスをランキング形式でご紹介しています。ほかにも「そもそも電子契約とは何なのか」「電子契約と書面契約の違い」「電子契約のメリット」といった情報の解説もしているので参考にしてみてください。

業界最高レベルの法的安定性を実現した電子契約サービスを提供。
リーテックスデジタル契約の画像

引用元:https://le-techs.com/

リーテックスデジタル契約の最大の強みは、高い安全性です。電子契約サービスで唯一、データ保存に法的保証がある記録機能を搭載しています。独自のシステムにより証拠力が担保されるため、万が一裁判になったとしても安心。

導入コストゼロで、従来の契約書業務が不要になる業務効率化サービスも提供。従来の事務作業を短縮し、データを可視化することでマネジメント業務の負担軽減に役立ちます。

リーテックスデジタル契約の画像

引用元:https://le-techs.com/

リーテックスデジタル契約の最大の強みは、高い安全性です。電子契約サービスで唯一、データ保存に法的保証がある記録機能を搭載しています。独自のシステムにより証拠力が担保されるため、万が一裁判になったとしても安心。

導入コストゼロで、従来の契約書業務が不要になる業務効率化サービスも提供。従来の事務作業を短縮し、データを可視化することでマネジメント業務の負担軽減に役立ちます。


100年電子契約
電子契約データの保存に法的保証

電子帳簿保存法対応
タイムスタンプと豊富な検索機能

ワークフロー
社員全員で利用できる

社内文書共有
ファイルごとの個別管理

リーテックスデジタル契約に寄せられた口コミ・評判

安心感のあるサービス

本人確認がしっかりとなされているということが一番の決め手でした。自社もそうですが、こちらのサービスを通じて契約書を取り交わすということは、しっかりと本人確認や法人確認がなされているという証明になると個人的に感じています。

大切な書類をクラウドサービスを通じて取り交わすことの利便性は感じつつも、なりすましなどを防げるかが不安要素でしたが、安心して利用しています。

リモートワークの推進に繋がり、早く導入すればよかったと感じています。10月にワークフローの機能が追加されたそうで、そのタイミングで利用を開始しました。契約締結、閲覧などロールではなくそれぞれ権限を設定できるので、現状の運用から大きく変えることなく導入できたこともポイント高いです。

ワークフローの機能が付いていてもユーザー数に合わせてランニングコストが必要だと中々手が出ませんが、こちらのサービスはなんとユーザー登録数無制限だそうで、ワークフローも実運用できています。

社外とのやり取りのみならず、社内の稟議でも利用できるので費用対効果としても満足しています。

引用元:https://boxil.jp/

地方の会社には必須のツールです。

地方の企業ながら、2年前から始めたインバウンド事業の関係で首都圏の会社と提携したり事業連携したりするケースが増えました。そのため、昨年より電子契約を導入。遠方でも契約をきっちりできるので便利ですね。

きちんとした契約書を交わすことができ、しかも時間のロスがないのはすごく便利です。現在は社内の限られたメンバーのみが利用できるようになっているため、稟議を通して依頼しないといけないですが、今後使用範囲を広げていく予定です。

引用元:https://boxil.jp/

リーテックスデジタル契約の基本情報

サービス内容

電子署名法に加えて電子記録債権法を併用することで、法人の規定がないという問題点を解決した電子契約サービス。

強み

犯罪収益移転防止法に準拠し、厳重な本人確認を実施。反社会的勢力が取引関係に入るのを未然に防止、安心した取引が可能。

導入コスト

エントリー 無料/月
スタンダード 10,000円 (税別)/月
スタンダードPlus 30,000円 (税別)/月
プレミアム 100,000円 (税別)/月
※導入費用無料

問い合わせ

電話・メールフォーム
TEL:03-6273-2207/03-6867-1692

会社情報

リーテックス株式会社
東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル10F

リーテックスデジタル契約の公式サイトを見てみる
お試しフリープランで実際に使用感を確かめられる電子契約サービス
電子印鑑GMOサインの画像

引用元:https://www.gmosign.com/

電⼦印鑑GMOサインは「紙 + 押印」による従来の契約締結に代わり、「電⼦⽂書 + 電⼦署名」で締結するクラウド型の電⼦契約サービス。

従来の紙ベースの契約書の製本や郵送などの作業を省けるため、契約スピードが劇的に向上。印紙税や郵送費、保管費⽤などのコストを削減できるので契約締結や管理に関するコストを⼤幅に削減できます。

電子印鑑GMOサインの画像

引用元:https://www.gmosign.com/

電⼦印鑑GMOサインは「紙 + 押印」による従来の契約締結に代わり、「電⼦⽂書 + 電⼦署名」で締結するクラウド型の電⼦契約サービス。

従来の紙ベースの契約書の製本や郵送などの作業を省けるため、契約スピードが劇的に向上。印紙税や郵送費、保管費⽤などのコストを削減できるので契約締結や管理に関するコストを⼤幅に削減できます。


法的にも安心
電子帳簿保存法に準拠

低水準の価格
送信料は他社のおよそ半額

権限設定・閲覧制限可
ガバナンス強化を実現

スマホで契約締結完了
専用アプリ内で契約完了

電子印鑑GMOサインに寄せられた口コミ・評判

日本の押印文化をいい意味で忖度した電子契約・電子サイン

電子契約(電子サイン)の実施にあたり、印鑑の印影画像・手書き・文字入力を選べることと、有料版の場合、電子証明(やマイナンバー)を付して、より証拠力の高い契約を行うことができる点。

さらに、ユーザー数無制限で、利用料金が他社と比較して安価に設定されている上に、毎月改善に関するアップデートが施されていることから、ユーザービリティに配慮した製品作りがされているため。

他社製品において、電子サインの際に文字列の入力(もしくはサイン省略)しかできず、日本の契約慣行において印鑑の無い契約を(相手先が)受け入れることができなかったという課題に対して、GMOサインの場合は印鑑画像を差し込んで電子サインができるという解決策を提示することで、主に公共に準じる団体等との契約に関して2/3以上の団体がすんなりと電子契約に移行できた。

引用元:https://boxil.jp/service/

契約書をネット上で行うことができリモートワークに必須

今まで契約書といえば対面や、郵送などの紙で行っていましたが、ネット上で契約を完結させることができ、現代のリモートワークに必須で、ペーパーレスが実現出来ています。保存に関してもリスクなくできるので安心感があります。

圧倒的な時間短縮、契約書のために足を運ぶ必要がなくなった。ちょっと確認したいなと思った時にもすぐに確認できる。

引用元:https://boxil.jp/

電子印鑑GMOサインの基本情報

サービス内容

「電⼦⽂書 + 電⼦署名」で締結するクラウド型の電⼦契約サービス。「紙 + 押印」による従来の契約締結作業が省けるため契約スピードが劇的に向上する

強み

同⽔準の他社サービスと⽐べて、1送信あたりの送信料をほぼ半額に抑えつつ、標準で利⽤できる機能が充実。

導入コスト

お試しフリープラン ⽉額基本料⾦0円
契約印&実印プラン(立会人型&当事者型)
⽉額基本料⾦ 9,680円(税込)

問い合わせ

メールフォーム

会社情報

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー10F

GMOサインの公式サイトを見てみる
運用実績20年以上の安心と信頼を提供し続けて導入企業が60万社突破
BtoBプラットフォーム契約書の画像

引用元:https://www.infomart.co.jp/contract/index.asp

BtoBプラットフォーム契約書は、電子帳簿保存法改正に対応した、法的効力のある安全な電子契約サービスです。

電子契約のほか、過去に""紙""でやり取りしていた文書もクラウド上で保管できるため、安全に社内共有が可能となります。フリープランは月額0円から利用可能で、手軽に電子契約を始めたい方におすすめです。

BtoBプラットフォーム契約書の画像

引用元:https://www.infomart.co.jp/contract/index.asp

BtoBプラットフォーム契約書は、電子帳簿保存法改正に対応した、法的効力のある安全な電子契約サービスです。

電子契約のほか、過去に""紙""でやり取りしていた文書もクラウド上で保管できるため、安全に社内共有が可能となります。フリープランは月額0円から利用可能で、手軽に電子契約を始めたい方におすすめです。


法的効力あり
電子帳簿保存法改正に対応

複数社との同時契約
最大5社間契約まで実施可能

書類管理も簡略化
過去の紙取引も一括保管

利用実績
外食産業で高い普及率

BtoBプラットフォーム契約書に寄せられた口コミ・評判

使い始めて思ったことですが。。。

内容が複雑でなく、直感的に利用できるので登録担当者に説明するところが難しくなく良かったです。取引先に今後説明し、利用を増やしていくところですが、多くの契約書を収納したとき、目的の契約書を見つけやすいかを今後試していきたいです。

社内の書類を電子化するために利用しましたが、恙無く終えることができ、今後のデータ管理が楽になることを期待しています。今まで書面でやり取りしていた契約書・注文書をBtoBプラットフォーム 契約書で簡略化することができると大幅なコスト削減になるので今後のメリットとして期待してます。

引用元:https://boxil.jp/

電子契約書によるメリット

契約書の電子化が可能になり、遠隔での対応が可能になる、不備がなくなる、データが保管されているため見返しができる、書類の持ち忘れが無くなるなど、特に営業職が嬉しいサービスです。人的ミスが無くなるだけでも、かなり良いため4と致しました。

今までは紙ベースだったため、記入ミスによる不備(特に遠方で郵送対応)、書類の持ち忘れによる人的ミスなど紙ベースのため少なから図起こってしまう無駄なミスが無くなりました。特に、リモートでの対応も増えて来ており、全件郵送での書類になるとどうしても何件か印鑑漏れであったり、ミスが目立っていたため、ZOOMなどで案内しながら書類ができるのは大変メリットがありました。営業会社で特に件数が多い場合は、データの管理も合わせてできるためオススメです。

引用元:https://boxil.jp/

BtoBプラットフォーム契約書の基本情報

サービス内容

クラウド上で取引先が契約書を受領し、契約締結ができる。タイムスタンプ、電子著名が付与され、自身の会社を含めた最大5社間契約まで実施することが可能

強み

電子契約のほか、過去に"紙"でやり取りしていた文書もクラウド上で保管できるため、安全に社内共有ができる

導入コスト

フリープラン 0円~/月
シルバープラン 10,000円~/月
ゴールドプラン 30,000円~/月

問い合わせ

不明
※資料ダウンロードは専用フォームから

会社情報

株式会社インフォマート
東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13F

BtoBプラットフォーム契約書の公式サイトを見てみる
短時間で契約や合意を完了できるシンプルな操作性と多機能を備えたサービス
DocuSign(ドキュサイン)の画像

引用元:https://www.docusign.jp/

DocuSign eSignatureの最大の特徴は、世界180か国以上、44言語で署名可能なこと。世界各地の厳しいセキュリティ基準を満たした信頼度の高いサービスです。

DocuSign eSignatureでなら、どんなデバイスからでも契約文書に署名・捺印、送信が可能。よりスピーディーで効率的な業務を実現することが可能となります。海外との取引き可能な点が大きな特徴です。

DocuSign(ドキュサイン)の画像

引用元:https://www.docusign.jp/

DocuSign eSignatureの最大の特徴は、世界180か国以上、44言語で署名可能なこと。世界各地の厳しいセキュリティ基準を満たした信頼度の高いサービスです。

DocuSign eSignatureでなら、どんなデバイスからでも契約文書に署名・捺印、送信が可能。よりスピーディーで効率的な業務を実現することが可能となります。海外との取引き可能な点が大きな特徴です。


海外取引にも利用可能
世界180か国で署名可能

進行状況を随時確認
進捗毎に自動でリマインド

速やかに契約完了
80%の契約は1日で完了

高いシェア率
100万以上の組織が契約

DocuSign(ドキュサイン)に寄せられた口コミ・評判

契約に関する手間と時間を大幅に削減できる

業務委託の契約書を締結する際に初めて利用しましたが、契約・合意文書に署名・捺印をスムーズに行うことができました。契約書が郵送で送られてくるのを待つ時代じゃないんだなと感じたことを今でも覚えています。

契約に関する全てのプロセスを省略することができて、契約に要する手間と時間を削減できました。初めてでもサクサク操作できます。紙や郵送時に発生するコスト削減にもつながりました。

引用元:https://boxil.jp/

直感的に操作で作業効率UP!

今まで契約書は書面でのやり取りが主でした。わざわざ出社して対面で記入するか、在宅であれば記入し郵送しなければいけませんでしたが、こちらを利用してからは上記の煩雑な作業がなくなり、時間的にも精神的にも助かっています!
特にUIのわかりやすさも良いポイントです。

サービス導入前は契約書の記入のために出社していましたが、導入後は完全に在宅で契約作業が完結できるようになりました。また印刷する必要がなくなったため、印刷代や管理などの金銭や作業のコストを削減することが出来ました。

引用元:https://boxil.jp/

DocuSign(ドキュサイン)の基本情報

サービス内容

グローバルスタンダードの電子署名ソリューション。導入実績も多く、情報セキュリティにも優れている

強み

どんなデバイスからでも契約・合意文書に署名もしくは捺印、送信可能。プロセスの進行状況をいつでも確認できるリマインダー機能搭載

導入コスト

Personal(個人向け) 月額$10
Standard(企業向け) ユーザーあたり月額$25
Business Pro(企業向け) ユーザーあたり月額$40

問い合わせ

電話・メールフォーム
TEL:03-4588-5476

会社情報

ドキュサイン・ジャパン株式会社
東京都東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー35F

ドキュサインの公式サイトを見てみる
圧倒的な知名度で取引先に説明がしやすく誰でも簡単に扱える
CLOUDSIGN(クラウドサイン)の画像

引用元:https://www.cloudsign.jp/

CLOUDSIGN(クラウドサイン)は、契約締結から契約書管理まで可能なクラウド型の電子契約サービス。契約交渉済の契約書をアップロードし、相手方が承認するだけで契約を結ぶことが可能となります。

今まで数日かかっていた契約作業を、わずか数分で終えられるようになるため、面倒な業務の時間短縮が実現されます。スピーディーに契約締結を完了させたい方におすすめ。

CLOUDSIGN(クラウドサイン)の画像

引用元:https://www.cloudsign.jp/

CLOUDSIGN(クラウドサイン)は、契約締結から契約書管理まで可能なクラウド型の電子契約サービス。契約交渉済の契約書をアップロードし、相手方が承認するだけで契約を結ぶことが可能となります。

今まで数日かかっていた契約作業を、わずか数分で終えられるようになるため、面倒な業務の時間短縮が実現されます。スピーディーに契約締結を完了させたい方におすすめ。


クラウド上で一元管理
業務の透明性が向上

便利なリマインド機能
素早い契約締結をアシスト

コスト削減
印刷代、印紙代が不要

契約作業の効率化
出社不要で契約締結

CLOUDSIGN(クラウドサイン)に寄せられた口コミ・評判

導入してデメリットはない

関連業種との取引が非常に多く、以前から、事務兼現場職を担当している者が多かったので、事務の簡略化も含めて検討しました結果、クラウドサインが適切であると判断しました。

印刷代、郵送代、各種郵送手続き等が圧倒的に簡略化されますので、そう言った点で大変助かっております。関連会社に同意を得て、同意してくださる企業間の取引につきましては、クラウドサインを使用しております。

書面で交わしたい書類を電子決済で済ませることに最初は、戸惑いがありましたが、兼務の都合上思い切って割り切って導入してみることで結果的に非常に良いコスト削減をもたらしてくれたと思いました。無駄なコストが削減できることには非常に重宝しております。

他の関連会社との取引につきましても積極的に推進しております。信頼のある業者間同士でしたら、特に、利便性が向上しますので、親しき仲の会社であれば、導入して間違えはありません。

引用元:https://kigyolog.com/

導入当初は不安だったが、今は非常に満足している

弊社では、クラウドサインを8名で利用しています。私はクラウドサインの導入を担当しましたが、このツールのイニシャルコストは0円で、ランニングコストは20,000円でした。また、導入はスムーズに進み、特に導入に対して、難しい部分はありませんでした。

導入するに至った経緯としては、今までは様々な契約書のやり取りを紙で行っており、その部分がとても手間であると感じ、少しでも業務を削減したいという課題があったため導入を決意しました。

このツールを導入し、実際にこの課題は解決することができたため、特に不満はありませんでしたが、電子契約書のやり取りが上手くできるか、導入当初は非常に不安でした。そのため、同じような不安を抱えて導入を渋っている方がいるなら、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

このツールは導入している企業が有名企業ばかりだったので、初めての導入でも安心して使用することができます。

引用元:https://kigyolog.com/

CLOUDSIGN(クラウドサイン)の基本情報

サービス内容

契約締結から契約書管理まで可能なクラウド型の電子契約サービス。契約業務効率化による出社不要の実現や、印刷代・印紙代の経費削減にも役立つ

強み

契約書をクラウド上で一元管理することで、業務の透明性が向上し、抜け・漏れを防ぐ。クラウドサインで締結した契約書は、原本のため、原本保全の確実性が高い。

導入コスト

Light 月額税込11,000円
Corporate 月額税込30,800円
Enterprise 問い合わせ

問い合わせ

電話・チャット
TEL:03-5544-8416

会社情報

弁護士ドットコム株式会社
東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル

クラウドサインの公式サイトを見てみる
契約業務のプロセスがワンストップで完結する使いやすさNo.1の電子契約サービス
freeeサイン(フリーサイン)の画像

引用元:https://www.ninja-sign.com/

NINJA SIGNは、契約業務を簡単な操作とオンラインで完結させる電子契約システム。文書の作成依頼からレビュー、承認にいたるまで、クラウド上で完結可能。

よく使用される文書のひな形を、あらかじめテンプレートとして登録。以降は項目を入力するだけなので、驚くほど効率的に業務が完了します。弁護士監修で信頼性が高い点もNINJA SIGNの強みです。

freeeサイン(フリーサイン)の画像

引用元:https://www.ninja-sign.com/

NINJA SIGNは、契約業務を簡単な操作とオンラインで完結させる電子契約システム。文書の作成依頼からレビュー、承認にいたるまで、クラウド上で完結可能。

よく使用される文書のひな形を、あらかじめテンプレートとして登録。以降は項目を入力するだけなので、驚くほど効率的に業務が完了します。弁護士監修で信頼性が高い点もNINJA SIGNの強みです。


高い信頼性
弁護士監修だから安心

テンプレート登録機能
簡単入力で契約文書が完成

クラウド上で契約完結
内部統制の強化にも効果的

契約スピード向上
製本、郵送作業が省ける

freeeサイン(フリーサイン)に寄せられた口コミ・評判

安いし、満足

無料でも十分な機能があり、総合的に使用感に問題なし。有効期限が設定されており、社内とお客様に自動通知メールを発送してくれる機能が、面倒で後回しになりがちな契約業務の推進をしてくれている。

webスタンプ(契約)機能によりインサイドセールス内でのクロージングが可能となった。(商談時に訪問が不要になった。)

引用元:https://boxil.jp/

使いやすさ最高!

直感的な操作、UIが洗練されている。同規模の企業であれば何の問題もない。

紙媒体で運用している企業があれば、直ぐ導入することをお勧めする。押印、郵送の手間なども一切ない。

紙媒体での保管業務がなくなり、いつでも確認が可能。あの契約書どこいった?などリスクヘッジにもなる。何より郵送の手間なども発生しない。

引用元:https://boxil.jp/

freeeサイン(フリーサイン)の基本情報

サービス内容

面倒な契約業務を驚くほど簡単な操作でオンラインで完結させる、電子契約システム

強み

文書の作成依頼からレビュー、承認にいたるまで、クラウド上で完結。履歴やコメントを残すことも可能で、コンプライアンスと内部統制の強化にも効果を発揮。

導入コスト

Light 5,478円(税込)/月
Light Plus 21,780円(税込)/月
Pro 55,000円(税込)/月 初期費用¥330,000(税込)

問い合わせ

メールフォーム

会社情報

株式会社サイトビジット
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-1 オームビル2F

フリーサインの公式サイトを見てみる
GMOインターネットグループと共同開発した電子契約サービス。特許も取得
WAN-Sign(ワンサイン)の画像

引用元:https://www.wanbishi.co.jp/econtract/

WAN-Sign(ワンサイン)は、電子認証局をグループ内にもつGMOインターネットグループと共同開発した電子契約・契約管理サービス。電子証明書による厳格な実印版締結と簡易なメール認証による認印版締結を組み合わせたハイブリッド締結によって、社内・社外あらゆる契約内容に合わせた締結を可能にします。システムで締結した電子契約・電子印鑑だけでなく、書面契約も登録可能です。

WAN-Sign(ワンサイン)の画像

引用元:https://www.wanbishi.co.jp/econtract/

WAN-Sign(ワンサイン)は、電子認証局をグループ内にもつGMOインターネットグループと共同開発した電子契約・契約管理サービス。電子証明書による厳格な実印版締結と簡易なメール認証による認印版締結を組み合わせたハイブリッド締結によって、社内・社外あらゆる契約内容に合わせた締結を可能にします。システムで締結した電子契約・電子印鑑だけでなく、書面契約も登録可能です。


署名・締結が自由自在
あらゆる契約内容に適応

既存契約も一元管理
電子も書面契約も登録可能

高いセキュリティ基準
金融・医療機関にも強い

不正アクセス対策
機密データを保護

WAN-Sign(ワンサイン)に寄せられた口コミ・評判

電子証明書、メール認証のハイブリッド締結を管理できる

操作性が高く、契約形態が豊富(電子署名方式、電子サイン方式、ハイブリッド方式)であり、電子データへのアクセス権やユーザー権限のきめ細やかな設定が可能。すでに紙媒体で契約した契約書や他社の電子契約サービスで締結したPDFを一元管理できる点。

業務の効率化。最低限のコストで仮想的に全電子化したのと同様の環境を創出することができた。要求があってから閲覧可能になるまでの時間も、最短で5分程度と大幅にスピードアップした。
検索にかかる手間と時間の削減、契約書類のセキュリティ確保、運用の標準化。

引用元:https://boxil.jp/

サインすることに抵抗感が無い

初めて利用したが、違和感がなく最後まで簡単に進捗できた。ノーマルなサインから自分で作成した田書院を選ぶことが融通性が高いことも満足している。またサイン後は自動返信、履歴が残る為、契約署内がローカル保存できる。

紙の契約書が消えた、押印後のラリーが減った。事前の確認が可能。切手代、対面の寄り取りが不要になった。

引用元:https://boxil.jp/

WAN-Sign(ワンサイン)の基本情報

サービス内容

高いノウハウを持つMOインターネットグループと共同開発した電子署名法や電子帳簿保存法に対応した電子契約・契約管理サービス

強み

ISO/IEC27001・ISO/IEC27017・ISO9001を取得。フォルダによる閲覧制限、IPアドレス制限など、金融機関・医療機関が求めるセキュリティを備えた内部統制機能を標準搭載。

導入コスト

無料プラン ¥0 契約締結 3件/月まで
有料プラン 1件¥300(税別)
電子証明書発行料 1件 ¥8,000(税別)

問い合わせ

電話・メールフォーム
TEL:03-5425-5300

問い合わせ

株式会社ワンビシアーカイブズ
東京都港区虎ノ門4-1-28(虎ノ門タワーズ オフィス)

ワンサインの公式サイトを見てみる
80億件の電子サイン実績を誇る。G2Reviewsの電子サイン部門で首位を獲得
Adobe Sign(アドビサイン)の画像

引用元:https://www.adobe.com/jp/sign.html

Adobe Signはシンプルで安全な電⼦サインとAdobe Acrobatの強⼒な機能を組み合わせた唯⼀の電⼦契約ツールです。

作業中のアプリケーションを離れることなく、PDFの送信や署名が可能、⽇常的に使⽤する、その他多くのアプリケーションともスマートに連携して利用することができます。従来のビジネスワークフローに変⾰をもたらしたい方は要注目です。

Adobe Sign(アドビサイン)の画像

引用元:https://www.adobe.com/jp/sign.html

Adobe Signはシンプルで安全な電⼦サインとAdobe Acrobatの強⼒な機能を組み合わせた唯⼀の電⼦契約ツールです。

作業中のアプリケーションを離れることなく、PDFの送信や署名が可能、⽇常的に使⽤する、その他多くのアプリケーションともスマートに連携して利用することができます。従来のビジネスワークフローに変⾰をもたらしたい方は要注目です。


ワークフローに変⾰を
簡単な締結作業で効率的

ハンコ文化とおさらば
ペーパーレスで契約締結

充実したPDF機能
ぴったりな書類が作成可能

世界レベルのコンプライアンス
世界中で安心して利用可能

Adobe Sign(アドビサイン)に寄せられた口コミ・評判

みんなが必要なドキュメントツール

契約書、領収書、見積書等にリモートで公式なサインができ、こちらももらうことができます。UIもシンプルで良く、使い勝手が非常に素晴らしいなくてはならないツールだと思います。

社内回覧のみでなく他社や海外でも共有して使えることが大きなメリットだと思います。また、昨今のリモートワーク対応はもちろんのこと、ペーパーレスにもなるため環境にも貢献でき、これまで書類管理がすべてAdobeでクリアできます。

引用元:https://boxil.jp/

PDFをそのまま電子契約書に出来ます

PDFで開いたデータをそのまま電子契約書に出来る機能がとても使い勝手が良いです。操作性も良いので直感的に利用できます。Adobe製品は身近なので導入しやすい点も評価出来ます。

導入後は使い慣れているPDFをそのまま電子契約書を作成出来たので、業務をスムーズに移行でき無理なく作業効率をあげる事が出来ました。

引用元:https://boxil.jp/

Adobe Sign(アドビサイン)の基本情報

サービス内容

電⼦サインとAdobe Acrobatの強⼒な機能を組み合わせた、唯⼀の電⼦契約ツール

強み

Microsoftの各種アプリケーションに密接に連携、統合されているため、作業中のアプリケーションを離れることなく、PDFの送信や署名が可能。

導入コスト

Adobe Acrobat Pro DC
1,738 円/月(税込)
Adobe Acrobat PDF Pack
1,218 円/月(税込)

問い合わせ

電話・メールフォーム
TEL:0120-921-104

会社情報

アドビ株式会社
東京都品川区大崎 1丁目11番2号 ゲートシティ大崎 イーストタワー

アドビサインの公式サイトを見てみる
DX化の推進にもつながる電子契約サービス。企業全体の業務効率化が図れる
マネーフォワード クラウド契約の画像

引用元:https://biz.moneyforward.com/contract/

マネーフォワード クラウド契約の特徴は、簡単ではじめやすいこと。個人では800円/月〜、法人では2,980円/月〜で利用が開始できます。

「マネーフォワード クラウド契約」だけでなく、会計・請求書・経費・勤怠・給与など、バックオフィスに必要なサービスをまとめて利用可能。電子契約と紙の契約を一元管理したいという方におすすめです。

マネーフォワード クラウド契約の画像

引用元:https://biz.moneyforward.com/contract/

マネーフォワード クラウド契約の特徴は、簡単ではじめやすいこと。個人では800円/月〜、法人では2,980円/月〜で利用が開始できます。

「マネーフォワード クラウド契約」だけでなく、会計・請求書・経費・勤怠・給与など、バックオフィスに必要なサービスをまとめて利用可能。電子契約と紙の契約を一元管理したいという方におすすめです。


シンプルな操作性
3ステップで契約完了

あらゆる業務を効率化
会計・勤怠管理サポート付

ワークフロー機能
電子承認でいつでも決裁可

簡単ではじめやすい
2,980円から利用可能

マネーフォワード クラウド契約に寄せられた口コミ・評判

クラウド上で契約作成から完了まで出来る

インターネット上で請求書の作成から終結まで出来ます。インターネット上なので押印も遠隔から出来ます。リモートワーク時にもとても役立つ機能が沢山あり助かっています。

導入後は押印の為に移動をする作業を減らす事が出来ました。契約関係のミスも大幅に減らす事が出来ました。

引用元:https://boxil.jp/

契約書管理の作成業務から解放され、業務効率が大幅に改善

今までは、紙ベースの契約書とクラウドサインを併用していたが、他の管理サービスをMFで統一することで、管理もしやすく他サービスとの連携も良いので、変更して良かったと思っている。

今までは、契約書の文言チェック・リーガルチェックなどはメール添付でやり取りし、紙ベースで製本し郵送という非常に手間のかかる作業で、業務開始までの非常に時間がかかっていたが、本サービスに変更し時間やストレス全てから解放された。

引用元:https://boxil.jp/

マネーフォワード クラウド契約の基本情報

サービス内容

2,980円から利用できる始めやすい電子契約ソフト。あらゆる業務の入口となる契約時点から、他のサービスと連携することで、バックオフィス業務全体の効率化をサポート

強み

ワークフロー機能により、電子承認でいつでもどこでも決裁可能。社外でも会社でも、オンラインで申請から承認まで行えるので、承認にかかる時間を短縮。

導入コスト

個人の方 年額プラン 800円/月~
30名以下で利用の法人 年額プラン 2,980円/月~

問い合わせ

メールフォーム

会社情報

株式会社マネーフォワード
東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F

マネーフォワードの公式サイトを見てみる
AIが契約を管理する電子契約サービス。締結後の適切な契約管理をサポート
LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の画像

引用元:https://legalforce-cloud.com/cabinet

LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約管理をサポートする「AI契約管理システム」。契約書を素早くデータ化し、契約管理の手間を軽減してくれます。

各電子契約サービスと連携し、情報を自動抽出するため、契約管理台帳を手間なく作成完了できます。設置されている研究部門には国内トップの研究者機関出身者や、米国大手テック出身者などが在籍し、高度な技術力を持つ点も大きな強みといえます。

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の画像

引用元:https://legalforce-cloud.com/cabinet

LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約管理をサポートする「AI契約管理システム」。契約書を素早くデータ化し、契約管理の手間を軽減してくれます。

各電子契約サービスと連携し、情報を自動抽出するため、契約管理台帳を手間なく作成完了できます。設置されている研究部門には国内トップの研究者機関出身者や、米国大手テック出身者などが在籍し、高度な技術力を持つ点も大きな強みといえます。


契約情報を自動抽出
契約書を素早くデータ化

高い技術力
国内トップの研究者が開発

面倒な書類管理が不要
締結後の管理をサポート

リスクの可視化
高リスクの契約書を検索

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)に寄せられた口コミ・評判

直感的な使いやすさが良い

とにかく面倒な契約書整理をドラッグアンドドロップと数回のクリックでほとんど終わらせられるのはとても有効だと思う。

使いやすい→契約書を収集できる→一元的に管理できる→網羅的に見やすい→使う気になるという好循環が生み出せると思う。

面倒な操作がなく、誰でも契約書を格納できるので、格納し忘れを防ぐことができる点、それにより網羅的な全文検索ができる点が大きなメリットと感じた。

引用元:https://boxil.jp/

契約書管理が楽

当社で利用している電子契約サービスとの連携ができ、紙の書類で契約してファイルに保管して・・・みたいな流れと同じようにweb上で管理できるので大変重宝しています。また契約書に紐づけてNDA等の関連書類も登録することができるので個別に探す手間がなく助かってます。

書類探索の際、紙で管理していた時は倉庫に問い合わせるなどして1習慣程度かかってしまうことがありましたが、本製品を使ってからはスピードが圧倒的に早くなりました。全文検索が便利すぎます。

引用元:https://boxil.jp/

LegalForceキャビネ(リーガルフォースキャビネ)の基本情報

サービス内容

締結後の適切な契約管理をサポートする「AI契約管理システム」。あらゆる契約書をすばやくデータ化し、契約管理の手間を軽減

強み

契約書がテキストデータ化されるため、全文検索が可能。AIが更新期限を自動で計算し、メールで知らせるリマインド機能搭載

導入コスト

導入初期費用+ライセンス費用(月額)
※ヒアリング後プラン提案

問い合わせ

電話
TEL:03-4405-2943

会社情報

株式会社LegalForce
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント6F

リーガルフォースキャビネの公式サイトを見てみる

電子契約サービスとは

の画像

まず、電子契約サービスについて解説します。書面契約との違いや、電子契約の大枠の種類である当事者型と立会人型の概要にも触れますので、電子契約の概要を知りたい方は参考にしてみてください。

電子契約サービスとは

電子契約サービスとは、契約書をはじめとする書面をクラウド上で取り交わすためのシステムです。従来の書面契約のやり取りでは、契約書などの書面を印刷して押印・サインしていました。一方で電子契約サービスが誕生したことにより、従来と異なりペーパーレスで契約できるようになりました。

電子契約と書面契約にはデータと紙文書という契約ツールの違いだけでなく、ほかにもいくつか違いがあります。まず、契約の証拠方法が異なります。書面契約では押印を印鑑や印影で行い、改ざん防止のために契印・割印します。一方、電子契約では電子著名や電子サインで押印し、タイムスタンプなどで改ざん防止を行うのです。

さらに、保管などの事務処理も異なっています。書面契約では契約書を郵送もしくは持参して、契約後の保管は書棚などで行います。一方、電子契約では郵送などではなくインターネット通信で契約書のデータを送付し、そして契約後の保管もサーバー上で完結させます。

書面契約と比較してみると、電子契約の特徴は紙を削減できることや、インターネット・PC上で手続きを完結できる点だといえるでしょう。

当事者型・立会人型の違い

書面契約とさまざまな違いがある電子契約ですが、電子契約の中にも、大別して当事者型と立会人型という種類があります。それぞれの特徴を紹介しましょう。

まず当事者型とは、契約をしようとする本人が電子署名を付与する方法です。当事者型では契約する会社の担当者や責任者それぞれが、自身の名義の著名を付与します。契約に際しては認証サービスを取り扱う会社を介して、本人性を証明できるような電子証明書が格納された電子ファイルを発行してもらう必要があります。なりすましのリスクが低い方法ですが、サービスを利用することでコストがかかってしまいます。

つぎに立会人型とは、契約を行う当事者ではない第三者が、当事者の指示にもとづいて電子署名を付与する方法です。契約する当事者ではなく、第三者の立会人が電子著名をすることで有効性をもたせます。当事者型とは異なり、認証サービスを介さずに、第三者の立会人に直接メールなどでコンタクトを取って認証してもらうのです。メールで契約を締結するためコストがかかりにくい一方で、多少なりともなりすましのリスクがあります。

当事者型と立会人型では電子証明書の名義が異なりますが、どちらの電子署名でも法的効力はあるため契約上のトラブルの心配はあまりありません。コストや契約における安全性、電子証明書の保有の有無などをよく検討した上で選ぶとよいでしょう。

電子契約の仕組み

の画像

契約を簡単に済ませられる電子契約ですが、その仕組みは一体どのようなものなのでしょうか。ここからは電子サインや電子署名、電子証明書、タイムスタンプといった電子契約に関する仕組みについて解説します。

電子契約における電子署名について

電子契約において、電子サインと電子署名というものがあります。電子サインとは電子文書が改ざんされていないことや、契約に関わる担当者本人による署名であることを証明する技術的な仕組みです。

そして、電子署名は電子サインの一部で、電子契約における厳正な本人確認の仕組みとして利用されています。ハッシュ関数と公開鍵暗号方式で構築されており、電子証明書に署名することで機能します。

なお、電子サインの信頼性は、電子契約サービスを提供している企業の信用度に依りますので、会社選びは慎重にしなければなりません。また、電子署名の信頼性は、電子証明書を発行する電子認証局の信頼度に依存しています。

信頼度が発行元に依存するのは同じですが、電子署名に使用する電子証明書は、法務省や一定の監査を受けた企業が運営するパブリック認証局から発行されるものもあります。そのため一般的な電子サインよりも、電子証明書を必要とする電子署名の方が、契約における高い信頼性が担保されているといえます。

電子証明書について

電子証明書とは、データの作成者が間違いなく担当者本人であることを担保する仕組みを指します。電子証明書を発行する組織は電子認証局といって、大きく分けてパブリック認証局とプライベート認証局の2種類があります。

まず、パブリック認証局には法務省が運営する認証局や、国際的な監査規格「WebTrust for CA」で合格している民間運営の認証局が該当します。利用する際にコストがかかるものの、パブリック認証局で発行された電子証明書は、非常に高いレベルでの信頼性が担保されています。

一方、プライベート認証局とは、個人や企業が独自に開設した認証局のことを指します。独自のものなのでコストはかかりませんが高度な信頼性はないため、多くの場合は社内でのやり取りにのみ利用されます。

タイムスタンプについて

タイムスタンプとは、特定の時刻にその電子データが存在していたことと、それ以降改ざんされていないことを証明する電子契約上の技術的な仕組みを指します。電子サイン・電子署名と電子証明書などが「誰が」「何を」契約したのか証明するものだとすれば、タイムスタンプは「いつ」契約したのかを証明するものなのです。

また、電子署名の有効期限は3年までと決まっていますが、タイムスタンプと組み合わせることで電子契約を10年までに延ばせます。さらにタイムスタンプを更新していけば、10年以上の契約を結ぶことも可能です。

電子契約書に法的な有効性はあるのか?

の画像

電子契約は2000年前後から急速に広まってきた契約方法で、そうしたニーズの高まりに合わせてこれまで法整備も進められてきました。ここからは電子契約の法的な有効性について解説します。

電子帳簿保存法

電子帳簿保存法とは1998年に制定された法律で、一定の条件下における電子データやスキャンデータを紙の代わりに保管することを認めるものです。急速に需要が高まった電子取引に応じるかたちで制定されました。

この電子帳簿保存法によって仕訳帳や補助元帳などの帳簿のほか、契約書や請求書の書類を電子データとして保管できるようになりました。それと同時に、それまでは電子データは税法上で保管・保存が義務付けられていなかったものの、この電子帳簿保存法の制定によって保存が義務化されました。

電子署名法

電子署名法は2001年に施行された法律で、電子契約の法的効力を認めるものです。この電子署名法により従来の書面契約と同様に、電子契約にも法的根拠が認められるようになりました。電子帳簿保存法に続いて、急速に広がる電子取引に合わせるために制定されています。

この電子署名法によって、電子契約でも従来の書面契約と同等の署名と捺印を付与して、法的効力を与えられることになりました。

e-文書法

電子帳簿保存法及び電子署名法に続いて、e-文書法が2005年に施行されました。法人税法や商法などで保管が義務付けられている文書や帳簿を、紙ではなく電子データでも保存することを認めた法律です。

先んじて施行されている電子帳簿保存法との違いは、適用される保存義務のある法定文書範囲が異なることです。e-文書法では医療や保険関係、証券などに関係する幅広い文書が適用範囲で、電子化する際に申請や許可は不要とされています。一方で、電子帳簿保存法は財務省と国税庁の管轄内の文書に適用されます。そして、国税関係書類を電子化する際には、税務署長などから承認を得る必要があるのです。

電子契約サービス導入のデメリット・注意点

の画像

便利な電子契約ですが、サービスを導入する際にはいくつか注意点があります。注意点を意識しておかないと、スムーズに導入ができず社内外に混乱が生じかねませんので、導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

電子契約が認められない契約

さまざまな業界業種で利用されている電子契約ですが、一部契約では利用できない場合があります。たとえば電話勧誘販売や訪問購入といった特定商取引法に関わる契約は、消費者保護の観点から書面での契約が義務付けられています。

書面契約よりも便利な電子契約ですが、自社の業界業種や購入・販売方法では認められるのか確認して、細心の注意を払ってサービスを利用しましょう。

導入時は業務が混乱する

電子契約を導入する場合、契約における社内の業務フローが大幅に変更されます。業務フローの変更によって、社内で混乱が生じてしまうかもしれません。導入時には担当者へ電子契約のフローを説明して、契約でミス・モレのないように事前調整しておきましょう。

取引先の協力や承諾が必要

社内で電子契約の導入をしても、契約の取引先の方針が従来の書面契約を望む場合は電子契約できません。取引先に協力してもらうには、社内での説明と同様に手間がかかってしまうでしょう。

最適な電子契約サービスを選ぶ必要がある

電子契約サービスを提供している会社はいくつもあります。そのため、自社に最適なサービスを利用するには、電子契約サービス各社の違いを理解して選ぶ必要があります。たとえば信頼度の高さを求めるなら当事者型の電子契約がおすすめです。また、電子契約の中でもパブリック認証局を利用すれば、特に信頼度の高い電子証明書や電子署名にて契約を進めていけるでしょう。

電子契約サービスを導入するメリット

電子契約にはコスト面や、業務効率化の面などさまざまなメリットがあります。ここからは電子契約によるメリットを解説します。


業務効率化
電子契約では業務を効率化できます。従来の書面契約の場合、契約書の印刷・製本・押印からはじまり、取引先へ送付、送付先から押印のうえ返送してもらう必要がありました。一方で電子契約は契約書の準備から互いの押印まですべてオンライン上で完結できるため、工数や所要時間の面でも業務効率化が図れます。

コスト削減
電子契約はオンライン上ですべて完結できるため、書面契約で必要だった印刷代や郵送代が一切かかりません。コスト削減できた分を別の業務に活かせば、生産性の向上にもつなげられるでしょう。

コンプライアンス強化
電子契約で使用される電子署名やタイムスタンプは、最新の暗号技術や改ざん防止システムが採用されているため、従来の書面契約よりもセキュリティーやコンプライアンスの強化ができます。リスクマネジメントの観点からも、電子契約にはメリットがあるといえるでしょう。

電子契約サービス選びのポイント

自社にとって最適な電子契約サービスを選ぶには、セキュリティーやコスト面など考えなければならないさまざまなポイントがあります。ここからは電子契約サービスを選ぶ際のポイントを解説しますので、サービス選びに迷われている方は参考にしてみてください。

セキュリティー・安全性の画像
セキュリティー・安全性

電子契約サービスはさまざまな会社や組織が展開しています。そのため、契約に対するセキュリティーの精度には多少の差異があり、サービスを選ぶ際の重要なポイントです。まず、認証方法の違う当事者型か立会人型かで安全性は変動しますし、さらには当事者型の中でも通常の電子サインか非常に安全な電子署名かを検討しなければなりません。コスト面やセキュリティー面を考えて最適なサービスを選んでください。

契約数に応じたプランの画像
契約数に応じたプラン

電子契約サービスでは毎月固定でかかってくる月額料金のほかに、契約数などに応じて従量課金もかかる場合があります。そのため、自社の規模や契約数をあらかじめ想定したうえで、月額料金と従量課金どちらも考慮し、どのサービスが総合的に費用面で負担が少ないか考えましょう。なかには完全定額制のサービスもあるので、費用面をシビアに考えたい場合はぜひそういった定額制のものも検討してみてください。

当事者型か立会人型の画像
当事者型か立会人型

電子契約は大きく分けて当事者型と立会人型があります。契約について法務省が運営する認証局などから確認される当事者型は、法的効力やセキュリティーなどがより強固というメリットがあります。一方、立会人型は認証局からの確認などは不要のため、スムーズに契約を進められるのです。契約に際するトラブルを避けたいのであれば当事者型、スムーズな契約を求めるならば立会人型のサービスを選ぶとよいでしょう。

電子契約サービス導入時の流れ

01. 導入目的の確認

まずは「電子契約サービスを導入するべきか否か」「導入する目的は何か」を確認しましょう。導入目的を確認しないと、セキュリティー精度やコスト面から損をしてしまうかもしれません。

02. 電子契約サービス選び

導入目的を確認して、その目的にマッチしたサービスを選びましょう。選ぶうえで重要なのはセキュリティー精度やコスト面、そして当事者型と立会人型といった契約方法の差異などです。

03. フローや社内規定の整備

サービスを選んだら社内の整備です。新たに利用する電子契約をより効果的に運用するために、フローや社内規定の整備をしていきましょう。電子契約の契約書の種類や承認フロー、業務フローなどを明確に定めて、社内説明会やマニュアルといったかたちで適切に周知していくと安心です。

04. 社内・取引先への説明

社内で整備したら、主な取引先へ電子契約の説明をしてください。取引先によっては電子契約サービスに対して消極的なところもあるため、丁寧に分かりやすく説明するように心がけましょう。

05. 電子契約サービス導入

導入目的を確認して電子契約サービスを選び、社内外の整備や説明まで行えば、いよいよ電子契約サービスを導入できます。電子契約サービスを活用して、従来の書面契約よりも安全かつ効率的に契約を進めていってください。

電子契約サービスを導入する際は目的や求める機能を明確にしたうえで吟味しよう!

ここまで電子契約サービスの概要やメリット・デメリット、書面契約との違い、電子契約サービスを選ぶポイントなどを解説してきました。さまざまなメリットがある電子契約サービスですが、そのメリットを最大化するためにコスト面やセキュリティーの精度といったことを検討して導入しましょう。